中古車の買取や査定、販売や購入なら安心の全国チェーン「愛車広場カーリンク」へ。独自の手法で中古車をめっちゃ高く買取り(高値買取)、お安く販売(安値販売)いたします。査定だけでももちろんOK!(査定無料)中古車の買取(査定)と販売(購入)なら「愛車広場カーリンク」へおまかせを!

中古車の買取と査定のカーリンク
車ユーザーのためのお役立ち情報

意外と知らない、けど注意したい!自転車の道路交通法

自転車の道路交通法

昨今、健康志向が高まり、自転車通勤やロードバイクを趣味にする人たちが
増えているそうです。


また、幼稚園の送り迎えをするママさんや、ちょっとそこまでの買い物など、
自転車が生活の必需品だという方は多いでしょう。


しかし、学科や実技試験が必要な自動車と違い、気軽に乗れるからこそ、
自転車の交通ルールやマナーは、まだまだ浸透していないと言えます。


今回は、そんな自転車の交通ルールについてお話しさせていただきます。

意外と知らない その① 自転車は「軽車両」。歩道の走行は、原則NG!

自転車は軽車両

自転車は、「軽車両」の一種。車道通行と、自動車同様、左側通行が
義務付けられています。


これはマナーではなく道路交通法で定められており、違反すると、
3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が求められる場合があります。

意外と知らない その② 歩道の走行が許されるのはこんな場合

自転車の走行場所
  • 「歩道通行可」の標識がある場合
  • 車道や交通の状況でやむを得ない場合(交通量が多く、車道幅が狭く危険、縦列駐車があり通れない、など)
  • 13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、体の不自由な方が自転車を運転する場合

このような場合は歩道を走ることができます。

ただし、歩道はあくまで歩行者優先。車道寄りを徐行しましょう。

ベルを鳴らして歩行者に道を空けてもらったり、
スピードを落とさず歩行者を追い越したりするはルール違反です。

意外と知らない その③ 刑罰が定められている自転車の安全ルール

自転車の安全ルール

①無灯火 ②飲酒(酒気帯び)運転 ③携帯電話の通話及び画面を見ながらの運転

④大音量でのヘッドホン⑤横に並んでの運転(「並走可」の標識がある場合を除く)

⑥2人乗り ⑦傘を持つなどの片手運転 ⑧一時停止無視 ⑨信号無視


これ以外にも、13未満の子どもが自転車に乗る場合、ヘルメットを着用させるのは
保護者の責任です。


刑罰こそありませんが、守っていきたいルールですね。


皆さんが知っているルールはいくつあったでしょうか?


最近は自転車レーンを設ける車道も増えており、自転車が快適に走るための
整備も進んでいます。


運転する側も、きちんとした安全知識を持っていたいですね。