中古車の買取や査定、販売や購入なら安心の全国チェーン「愛車広場カーリンク」へ。独自の手法で中古車をめっちゃ高く買取り(高値買取)、お安く販売(安値販売)いたします。査定だけでももちろんOK!(査定無料)中古車の買取(査定)と販売(購入)なら「愛車広場カーリンク」へおまかせを!

中古車の買取と査定のカーリンク
車ユーザーのためのお役立ち情報

2020年から義務化!でもその前に。車のヘッドライト、早めの点灯のススメ

車のヘッドライトは早めに点灯

夏場の夜7時というと、まだ昼過ぎのように明るいですが、
秋~冬場の夜7時は薄暗く、天気が悪いと夜の暗さになります。

同じ時間帯でも外の明るさは季節によって違うもの。


車のヘッドライトの点灯も、時間ではなく、明るさによって
臨機応変にしたいものです。

2020年4月以降の新型車からオートライト搭載が義務化される

先日、国土交通省は、暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する
「オートライト」搭載を義務化することを発表しました。


2020年4月以降に発売の新型車から搭載が義務づけられます。

車のオートライト義務化の背景

車のオートライト義務化

これは、朝や夕方の薄暗い時間帯の車事故を減らすため。

特に注意したいのが、帰宅や買い物等で多くの人が動く夕方。

現在、交通死亡事故の13%が、日没の1時間前後に発生しているそうです。


現在も3割の車にオートライトが搭載されているものの、
手動でON・OFFも選べる仕様がほとんど。


これにより、せっかくオートライト機能が働いても、
まわりがまだライトをつけていないからと手動でOFFにしてしまう、
ドライバーの心理的なハードルでライトの点灯時間が
遅くなっているという説もあります。


JAFが行った調査では、日没30分前にヘッドライトをつけていた車は、
調査対象4万5千台のうち、たった0.9%、日没時でも22.8%という結果でした。

そのため、新基準では、昼間は手動で切り替えができるものの、
一定の暗さになったらヘッドライトOFFができなくなるという性能基準を設けています。

車のヘッドライトの効果は運転時の視界確保だけではない

車のヘッドライト効果

暗くなって車の運転に支障があると感じてから点灯することが
多いヘッドライトですが、運転者の視界を守るほかに、歩行者や自転車に
車の存在を知らせる意味合いもあります。


日没時もそうですが、雨の日なども早めの[思いやり点灯」で、
運転者と歩行者の両方の安全が守れるよう心掛けたいですね。


オートライト機能については、トンネル内での点灯の遅さや、
明るい場所での消灯の遅さなど、まだまだ改善点も挙げられますが、
義務化される2020年には快適な状態で標準化されているかと思います。


それまでは、ドライバーのマナーによって安全を守っていきましょう(●´∀`●)

これからどんどん日没時間がはやまってきます。季節の移り変わりとともに、
周囲の明るさの変化にも目配りし、秋のドライブを楽しんでください♪