中古車の買取や査定、販売や購入なら安心の全国チェーン「愛車広場カーリンク」へ。独自の手法で中古車をめっちゃ高く買取り(高値買取)、お安く販売(安値販売)いたします。査定だけでももちろんOK!(査定無料)中古車の買取(査定)と販売(購入)なら「愛車広場カーリンク」へおまかせを!

中古車の買取と査定のカーリンク
車ユーザーのためのお役立ち情報

服もタイヤもしっかりと衣替を♪知っておきたい車両安全のためのタイヤ交換

車のタイヤの安全対策

暖かい日差しの日も増えてきたこの頃ですが、
皆さんの愛車のタイヤはしっかり衣替えされていますでしょうか。


スタッドレスタイヤの購入が活発になるのは、例年10月頃から。

しかし、スタッドレスから夏タイヤへの履き替え時期はまちまち・・・

という話があります。


お住まいの地域では必要なくても、ウィンタースポーツをするかしないかで
変わってくるのかもしれません。


しかし中には、車なんて年中スタッドレスでいいのでは、
という方もいるから驚きです。

タイヤは、車のパーツの中で唯一、直接地面に触れる部分。
人間でいうと靴の役割です。

意外と知られていない!?車のスタッドレスタイヤの働きについて

スタッドレスタイヤの性能

1年中、車のタイヤをスタッドレスで過ごすということは、
実は人間が長靴で長距離を走るようなものなのです。

すぐに疲れてしまう上、性能が劣るのは当然です。


また、素材が柔らかいので摩耗もはやいでしょう。

しかも、スタッドレスタイヤは、暖かい季節にめっぽう弱いです。


スタッドレスタイヤの特徴は、溝の深さとゴムの柔軟さ。

この溝が雪を噛むことで駆動力を生み、また、溝横のサイプと呼ばれる
ギザギザの部分が氷を引っ掻き、寒さに強いしなやかなゴムが、
デコボコ道や道路で変形しながら機能を発揮します。


しかし、この雪道や氷の上で発揮される効果は、
夏にはまったくの逆効果となってしまうのです。

夏場にスタッドレスタイヤでの車運転の危険性

夏場スタッドレスタイヤでの車の運転は危険

まず、溝が深いことで道路への接地面が少なくなり、摩擦力が低下します。

そうすると、車のブレーキをかけたときに止まる力が弱くなり、
制動距離が長くなってしまうのです。


柔らかなゴムは熱をもちやすくなり、摩擦熱でのバーストの確率は
一般タイヤより上がります。バーストとまでいかなくとも、
熱で変形しやすくなりますので、車の乗り心地に影響するでしょう。


また、吸水性があるので、雨の日は、タイヤが水分を多く含みすぎてしまい、
路面の間に水膜をつくります。


そのため、濡れた路面では車が滑りやすくなってしまうのです。

大雨の日の運転で、地面から車が浮いたような感覚になって、
ブレーキが効きづらくなったことはありませんか?


スタッドレスで雨道を走ると、その現象が起こりやすくなってしまうのです。

このように、春夏や梅雨時期は、スタッドレスタイヤには向かない季節。


乗り心地や安全性を保つためにも、遅くともウィンタースポーツシーズンが
終わる5月前には、是非、履き替えを検討いただければと思います。

安全な車のタイヤ保管方法について

安全な車のタイヤ保管

ちなみに、車のタイヤを外したあとは念入りに洗って、よーく乾燥させてください。

溝の小石などを取り除いた上で、できれば保管袋に入れて
直射日光の当たらない場所で保管すると、性能が長持ちしますよ。


家に保管のスペースがないという方も、
最近ではタイヤ保管サービスなども充実していますね。


なお、ホイール付きのものは、タイヤの空気圧を少し抜いた上で平積み、
ホイールなしは縦積みが推奨されています。是非お試しください。